「あう」における戦術とは何のためのものか?

 

「あう」というチームは、強くなって常勝軍団を目指していこうとするチームではありません。「チームのメンバーみんなでプレーを楽しむこと」を目標として目指していくチームです。

 

攻撃においては、ゴールを奪うという目標を持ち、みんなでゴールへ迫るそのプレーこそが、チームで楽しむことができるかどうかの過程となります。個人の技術だけで局面を打開してゴールを奪うプレーは確かにすばらしいものです。しかし、メンバー同士が一つ一つのプレーに意思を通い合わせ、チーム一丸となってゴールに迫り、結果ゴールを奪うことができればその喜びはよりいっそう大きなものとなるでしょう。また、守備においても、チームで協力し合い相手チームの強烈な攻撃からゴールを守ることができれば、それもまた守備の醍醐味というものであり、楽しみでもありましょう。

 

みんなでプレーを楽しむためには、基本的な決まりごと、約束ごととなる戦術が必要になってきます。ここに記す戦術は「あう」のメンバーなら分かっていてほしい、知っていてほしいというものです。ですから、この戦術を必ず守りながらプレーしなければいけないということではありません。根本的なものがズレていると、プレーにおいてそれぞれの主張が正しいものであっても、かみ合わないでうまくいかないことがあります。それぞれプレーに関する考えや要求はいろいろあると思いますが、チームの基本的な戦術を理解したうえで、話し合いが行われればスムーズにいくものと思われます。

 

また、繰り返しますが、この戦術は必ずしも守らなければいけないものではありません。体力的にきつかったり、心身的につらい時などもあります。無理はしないで、基本的には自由に楽しくプレーすることが、結果良いプレーにつながるものですから。