1、「あう」の基本キホンフォーメーションは平行ヘイコウ四辺形シヘンケイ
       ●1    攻撃コウゲキのときのオモ役割ヤクワリ     守備シュビのときのオモ役割ヤクワリ    
    ●1 ・ポストプレー ・シュートの意識イシキ   相手アイテ攻撃コウゲキオクれさせる  
  ●2     ・スペースをツクり、利用リヨウするウゴ   ・ワンサイドカットで相手アイテ攻撃コウゲキ  
     ●3   ・ボールキープ ・果敢カカン勝負ショウブ   限定ゲンテイさせる      
    ●2 味方ミカタウゴきをて、スペースへウゴ 相手アイテ攻撃コウゲキオクれさせる  
       ●4   ●1●3●4とのコンビネーション   ・パスカットをネラえるポジションをとる  
    ●3 簡単カンタンにボールをさばく ・攻撃の意識  ・パスカットと相手アイテスペース
      攻守コウシュ素早スバヤいサポート   をつぶすポジショニング    
      ●G  ●4 確実カクジツなサポートと守備シュビ意識イシキ   相手アイテピヴォを自由ジユウにしない  
 フォーメーション   攻撃コウゲキ参加サンカ(チャンスのトキ)の見極ミキワ ・セーフティーなプレー ・味方ミカタへの指示シジ
選手センシュ最初サイショ配置ハイチされたポジションは固定コテイされたものではない。状況ジョウキョウオウじて、ポジションを前後左右
わらなければ対応タイオウできない場面バメンがある。試合シアイチュウ自分ジブンはどこにいて、ナニをしなければいけないの
かをツネカンガえながらプレーしなければならない。そのためには、ボールばかりずに、テキ味方ミカタがどこに
いるのか周囲シュウイ状況ジョウキョウ把握ハアクしておく必要ヒツヨウがある。ツギのプレーのイメージをツネつことが大事ダイジである。
2、「あう」のチーム戦術センジュツ基本キホン
@ 【パス】を主体シュタイにゲームをてる
ヒトがドリブルしてハシるより、パスでボールをハシらせたホウハヤ攻撃コウゲキができる
パスをマワすことで攻撃コウゲキにリズムがまれ、4ニン機能キノウし、チームが活性カッセイする
※ドリブルを意識イシキするとき
・パスコースがないとき
ヨコナナウシ方向ホウコウなどにドリブルすると、相手アイテ守備シュビ組織ソシキクズれてパスコースがえる場合バアイがある)
数的スウテキ有利ユウリ速攻ソッコウ)でドリブルが有効ユウコウなとき
相手アイテジンナイ(ゴールマエなど)で最後サイゴクズしのとき
ドリブル突破トッパがあってこそパス攻撃コウゲキきるので、チーム戦術センジュツ沿ったドリブルをココロがけること
A【サポート】にハヤくつく
サポートとは、ボールをっている味方ミカタ選手センシュからパスをけることができるポジションにハイってあげること
B【コエ】をして、チームナイでのコミュニケーションをはかる
コエをかけあうことでプレーがはっきりし、ツギのプレーのタイミングをつかむことができる
味方ミカタのプレーをタスけるためにも、コエしてアクションをこすことは大事ダイジである
Cその
攻撃コウゲキ方向ホウコウ
    サポートの原則ゲンソク     守備シュビポジショニングの原則ゲンソク
 
   ●3 ●4がボールをっていて
 
1、マーク相手アイテ自陣ジジンゴール
    ○   前線ゼンセンにパスコースがなく、  ○     ●1     ○ 延長線エンチョウセンジョウハイること
●4   テキのプレッシャーがツヨ       ●2 2、ボールとマーク相手アイテ
   ●3 ときは、●3はサポートの      ●3   同時ドウジることができる
    位置イチハイること   ●4 ポジションをとること
    ●4からパスがもらえる    
      ●G 位置イチまでがる)   ●G
 
  ●3 ゴールクリアランスからの
ボール
   ●4     リスタートの原則ゲンソク    ○  テキ
    ●4、もしくは●3テキ
ボールのウゴ
    プレッシャーがスクない位置イチ ヒトウゴ
●4    ●3 までひらいてがり、●G
      ●G からボールをもらう